夫婦は愛し合って結婚をしたはずなのに、離婚をしてしまうケースもありますよね。芸能人や海外のセレブなどは、ちょっと考えられないくらい結婚と離婚を繰り替えている人もいますが、それほど夫婦関係が破綻すると、一緒には生活が出来ないということになりますよね。

そんな中、夫婦の離婚理由について、チェックをしてみました。離婚の原因については様々な理由がありますが、ランキング形式としてベスト5をご案内します。

モラハラ

人間も精神的に余裕がなくなると相手に対して思いやりがなくなってしまいます。これは男性にも女性にも言えることです。モラハラを受けた方は、まさか自分が家庭でそんな目に合うとは思わなかったと思うようです。モラハラが悪質なのは、モラハラをするほうが自分のストレスを解消するために行っているということです。そうなると、夫婦間の信頼がなくなってしまいますから、当然離婚の原因になります。

実家との折り合いが悪い

夫婦それぞれの実家とうまくいかないということも、離婚の原因となっているのは、人間関係としてとても難しいところです。つまり、夫婦はそれぞれ別の家庭で別の環境で育っていますから、それぞれ家庭の特徴があり、それを受け入れることが出来るかどうかということになるのですが、そのへんは所詮他人でもあるので、とても難しいところですね。

浮気の問題

浮気は、離婚の定番の原因ですね。今までは夫が浮気をして、それに対して妻が許せないから離婚をするというパターンでしたが、最近は女性が自立しているということもあって、女性が浮気をして家庭を壊してしまうというケースも見受けられます。ちなみに夫の浮気については1、2回だったら許せるというのが妻のスタンスのようですが、夫の場合は、絶対に許せないということが多いようです。

子供の問題

子供は夫婦の愛の結晶ですが、夫にしても妻にしても大切にしないケースも有り、それに対して一方が強い不信感を抱くということが離婚の原因となっています。特に子供に対する虐待などには、極めて恐怖に近い感情を持ってしまい、この人と生活を今後続けていくと、子供の命まで危なくなってしまうということで離婚を決意するケースもあります。

性格の不一致

良く有名人が離婚をする際に使われるのはこのフレーズですね。夫婦生活は共同生活ですから、結婚する前は好きで仕方がなかった相手であっても、結婚後に悪いことが判明したりすることは多々あります。また、それぞれお互いに全く違う環境で育っていて、その中で育まれる性格について、それは許せないということもあるでしょう。そうすると、こういう性格の人とは暮らせないと言う気持ちなり、離婚に至るようです。